弊社の取り組み

品質管理体制

異常時の連絡網

非常時の連絡網

品質管理組織

事故再発防止委員会

荷物事故再発防止 委員会の目的

お客様の信頼を確保維持するためには、破損、紛失、濡損等々あらゆる事故もあってはならない。
故に、いかなる事故においても詳細を分析し、再発防止に努めるとともに輸送品質の向上を図る。

輸送品質の向上と、事故再発防止を図るために
  1. 出発時の対面点呼が万全であること
    特に、荷物の種類、荷量、配送先、伝票、積み付けは大丈夫か、配送ルートと到着時間等の確認を行う。
  2. 配送終了後、集荷開始の電話点呼を行う
  3. 帰着点呼にて異常の有無の確認を徹底する
  4. 車輌点検を怠らないこと

安全方針

ペガサス運輸株式会社は、輸送の安全が自動車運送事業の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定め、周知する。

  1. 社長は、輸送の安全の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。
  2. 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。
  4. 安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、P (計画) D(実施)C(監視)A(改善)サイクルの徹底により、継続的に安全対策の見直しと改善に努  める。

運輸安全マネジメント

わが社の運輸安全マネジメントの取り組み
わが社の運輸安全マネジメントの
取り組み

その他

次世代育成支援

従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日まで

子育て応援企業認定書

えひめ子育て応援企業認定書

基準適合一般事業主認定通知書

えひめ子育て応援企業認定書
2 内容
目標1 育児休業の取得を希望する男性従業員について、その円滑な取得を促進するため部署ごとにサポート体制を強化し、気兼ねなく取得できる社内風土作りを行う。
対策 <平成29年4月>
従業員の現況調査を行う。

<平成29年7月>
調査内容の社内公表と、社内報などを利用して啓蒙活動を行う。
目標2 子どもの急病等に対応するため、子の看護休暇を取得しやすい風土作りを行い、子育て中の従業員の安着率を上げる。
対策 <平成29年4月
子の看護休暇の取得状況を調査し、現状を把握する。

<平成29年10月
現状で対応不可の場合は、人員体制の強化やシフト等の見直しを行い、急な事態にも対応できるサポート体制を整える。

グリーン経営 事業所認定証

グリーン認証 登録証 グリーン経営認証永年
グリーン経営認証 登録証 グリーン経営認証永年

 

ページのトップへ

Copyright(c) 2012 Pegasus Unyu All Rights Reserved.